ホーム地産DEレシピ > トマト王者決定戦参加メニュー



☆トマト王者受賞レシピ☆
「炊き込みルージュ」の作り方

参加者名:JA秋田ふるさと総務課 高橋亜季さん

  シシリアンルージュ 10個(約300g)
  米(1時間水に浸しておく) 2合
  しいたけ 5個
  鶏がらスープ 430cc
  塩・酒・みりん・しょうゆ 適量
  玉ねぎ 1/4個
  水菜 1/4束

 

@ 鶏がらスープに塩・酒・みりん・しょうゆを入れ、火にかける。ひと煮立ちさせたら火からおろし、冷ます。
A シシリアンルージュのヘタを取り、さっと茹でた後に皮をむく。(湯むき)
B シシリアンルージュを1cm角に刻む。
C 玉ねぎを刻み、さっと茹でる。しいたけ、水菜は食べやすい大きさに切る。
D 土鍋に米、@のスープ、玉ねぎ、しいたけを入れ、弱火にかける。鍋がグツグツと煮立ってきたら中火にし、15分間煮る。
E 水分が無くなってきたら(ぐつぐつと音がしなくなったら)火を止め、ふたをしたまま5分間蒸らす。
F 水菜を入れ、かき混ぜたら出来上がり。


シシリアンルージュの味が活きるよう、淡白な味の食材と合わせているのがポイントです。玉ねぎは、炒めると甘味が増しますが、シシリアンルージュの甘みを活かすため、あえて茹でることで甘さを抑えています。
シシリアンルージュは、他の食材の味を引き立ててくれるので、いろんな食材でアレンジして毎日でも楽しみたいですね!“ごはん食”の普及にも一役買ってくれそうです!




☆トマト博士受賞レシピ☆
「トマトクリームのフェトチーネの上にハンバーグ」の作り方

参加者名:小笠原伸也さん

  シシリアンルージュ
(湯むきする)
400g
  フェトチーネ 400g
  ベーコン 200g
  生クリーム 120g
  牛ひき肉 350g
  玉ねぎ 1/2個
  オリーブオイル・塩・こしょう
小麦粉・ニンニク
適量

 
@ 刻んだベーコンとニンニクをオリーブオイルで炒める。
A 湯むきしたシシリアンルージュをつぶして@に加え、しばし煮込む。
B 塩、こしょう、生クリームをAに加え、おいしく茹でたフェトチーネとからめる。
C 皿にBを盛りつけし、その上にハンバーグをのせる。
ハンバーグは、湯むきしたシシリアンルージュをハンバーグのタネでつつみ、焼いたものです。


煮込んで旨みが凝縮されたトマトクリームと、ハンバーグに包まれただけのフレッシュなトマトのおいしさを同時に楽しめる料理にしました。 最初は生クリームの味で、その後にハンバーグをくずして食べてください。




☆グットマト受賞レシピ☆
「あんかけルージュ」の作り方

参加者名:奥山ひとみさん





トマトゼリー  
  シシリアンルージュ 150g
  180cc
  アガー 5g
  キビ砂糖 大さじ1
  はちみつ 大さじ1
  レモン汁 小さじ1/2
  ひとつまみ
トマトくずあん  
  シシリアンルージュ 150g
  300cc
  くず粉 20g
  キビ砂糖 大さじ2
  ヨーグルト 250g
  ミントの葉 1枚

 
トマトゼリーを作る
@ トマトはヘタを取り、ミキサーにかけ、こして鍋に移す。
A @に水・キビ砂糖・はちみつ・レモン汁・塩を入れかき混ぜ、少量を取り出し、アガーを溶かしてから、鍋に戻す。
B 弱火にかけて、軽く沸騰したら火を止める。
C 容器に入れて30分冷やす。
D ゼリーが固まったら「トマトくずあん」をかけてヨーグルトをのせる。飾りにミントの葉をのせる。
   
トマトくずあんを作る
@ トマトは皮を湯むきし、種・芯を丁寧に取り除く。
A トマトをみじん切りにする。
B 鍋に水を入れ、くず粉を入れて溶く。
C トマト・砂糖を加えて弱火でとろみがつくまでかき混ぜる。
D 透明感が出たら火を止める。


シシリアンルージュのフレッシュな色合いと味を再現したいと思い、ゼリーにしました。果肉を入れたくずとシンプルなゼリーの微妙な食感の違いとすっきりした甘さに仕上げたところがポイントです。




☆審査員特別賞受賞レシピ☆
「トマトジャム」の作り方

参加者名:増田高校 生活福祉科3年 木村錬さん 高橋新さん

  シシリアンルージュ 300g
  グラニュー糖 100g
  レモン汁 15g

 


@ シシリアンルージュは湯むきをする。
A 鍋にグラニュー糖、レモン汁を入れて中火にかける。混ぜながら粘りが出るまで煮詰める。
B 湯むきしたシシリアンルージュをそっと加え、アクを取りながら煮詰める。
  出来上がったトマトジャムは、トーストやヨーグルト、アイスクリームなどに添えていただきます。


トマトが苦手な方でも、抵抗なく食べられるものを考えました。




☆参加メニュー☆
「トマトのデザートグラタン」の作り方

参加者名:増田高校 生活福祉科3年 木村錬さん 高橋新さん

  シシリアンルージュ 300g
  牛乳 250cc
  卵黄 3個
  砂糖 65g
  薄力粉 10g
  コーンスターチ 10g
  バニラビーンズ 少々
  生クリーム 120cc
  粉砂糖 少々

 
@ ボールに卵黄2個をほぐし、牛乳大さじ1・砂糖1/2の量・薄力粉とコーンスターチ・バニラビーンズを加えて混ぜ合わせる。
A 残りの牛乳に砂糖を入れて火にかけて、@に加えてよく混ぜ、網でこし、再び沸騰するまで中火にかけ、木べらで絶えず混ぜる。
B バットなどに広げ、ラップをぴったり貼り付けて冷ます。
C 卵黄1個をボールにほぐし、生クリームを混ぜ合わせる。これを冷めたBに加える。
D グラタン皿に乱切りにしたシシリアンルージュ(お好みでバナナやキウイなどフルーツを加えても良し)をのせ、Cを薄くかかるようにスプーンでかけ、粉砂糖をふりかける。
E グリル(もしくは上火だけのオーブン)に3〜4分入れ、焦げ色をつけてできあがり。


デザート感覚で食べられる献立は無いか考えました。甘いソースにほんのり酸味の効いたシシリアンルージュが絶妙にあう一品です。温かいうちに食べて欲しいと思います。




「フルーツゼリートマトシロップがけ」の作り方

参加者名:澤田石啓子さん





トマトシロップ  
  シシリアンルージュ 250g
  オレンジ 1個
  レモン 1/2個
  しょうが汁 小さじ1
  はちみつ 大さじ3
  コアントロー(洋酒) 大さじ1
  粒黒こしょう 少量
ゼリー生地  
  ゼラチン 5g
  りんご 1/2個
  上記のトマトシロップ 作成した量の1/3
  レモン 1/2
  りんごジュース 200cc
  はちみつ・コアントロー 適量

 
トマトシロップを作る
@ シシリアンルージュを縦に4等分。さらに横に1/2に切る。
A オレンジの皮をむき@のサイズに切る。
B @とAをボウルに入れ、レモンとしょうがをしぼる。
C はちみつ・コアントロー・粒黒こしょうを入れる。(味は好みで量を調整)
   
ゼリー生地を作る
@ 粉ゼラチンを大さじ3程度の水で5分以上ふやかす。
A りんごを、トマトシロップ@のサイズに合わせきる。
B 鍋に作ったトマトシロップとA、りんごジュースを入れる。
C レモンの搾り汁、はちみつ、コアントローを入れ、電子レンジで溶かしたゼラチンを加え、ひと煮立ち。
D 粗熱をとって、冷蔵庫で2〜3時間冷やす。


シシリアンルージュを、オレンジとオレンジのリキュール、はちみつと合わせることで、フルーツ感覚で食べられるようにしました。
粒黒こしょうをスパイスとして使うことで、味がしまります。トマトシロップに季節のフルーツ、アイスクリームを合わせてもおいしいと思います。




「YOKOTEルージュピザ」の作り方

参加者名:横手清陵高校 加賀谷瑞希さん 高橋知里さん 高橋亜弓さん




生地  
  シシリアンルージュ 2パック
(トッピング用も含める)
  横手やきそば 2玉
  小麦粉 150g
  塩こしょう 少々
  ガーリックマーガリン 適量
トッピング  
  ピーマン 1袋
  玉ねぎ 1玉
  ベーコン 1パック
  ひき肉 1パック
  とろけるチーズ 適量

 
生地を作る
@ 横手やきそばの麺を4分ほど茹でてから、ミキサーで液体化したシシリアンルージュ60gを入れてよく練る。
A 3回ほどに分けて小麦粉150gを混ぜていく。
B 円状に薄くしてフライパンでキツネ色になるまで焼く。
   
トッピングの盛り付け
@ 焼いた生地の上に、ピーマン・玉ねぎ・ベーコン・ひき肉をのせる。その上にチーズをのせてオーブンで5分ほど焼く。(※野菜や肉は塩こしょうし、あらかじめ火をよく通したもの)


生地を練る時に、水の代わりにシシリアンルージュ液を混ぜます。



 
横手市「食と農」からのまちづくりプロジェクト
〒013-0033
秋田県横手市旭川一丁目3-41 (平鹿地域振興局内)
TEL:0182-35-2267 FAX:0182-32-4021