〜広げよう地産地消の輪!「食の横手」をまるかじり!〜

『食と農』チーム・プラスY プロジェクトについて


〈趣 旨〉
 『食と農』チーム・プラスYとは、地域で生産されたものを地域で消費する活動である「地産地消」の実践により、生産者と消費者との顔が見える流通(食の安全・安心)の促進や自給率(日本は現在40%)の向上等に貢献するため、横手市が推進する「食と農からのまちづくり事業」の一環としてスタートする全市民参加型のプロジェクトです。
 プラスYは、日々の暮らし(食卓等)に横手(YOKOTE)のオイシイ食材を積極的に取入れていくことを意味します。このプラスYの実践により、横手の品質の良い(YOI)農産物を食べ、その喜び(YOROKOBI)を感じながら、地域がより良く(YOKU)なっていくことができるものと考えます。
是非、「チーム・プラスY」にご参加頂き、プラスYの実践により、たくさんの「Y」を共に創り、横手の「地産地消」の輪をさらに広げていきましょう。  (Y)ES WE CAN!




『食と農』チーム・プラスY 活動規則
2009年5月19日制定

1.目的
 食と農」チーム・プラスY活動規則(以下「本活動規則」)は、「食と農」チーム・プラスY(以下「チーム・プラスY」)に参加するすべての個人、企業、団体等(以下「チーム員」)が活動を行うにあたり守るべき事項を定めるものです。

2.参加資格
 (1)横手市内のすべての個人、企業、団体等は、「食と農からのまちづくりプロジェクト」内にある「チーム・プラスY」事務局(以下「事務局」)に対し、別記様式第1号の参加申込書を提出し、参加承認を得ることで、「チーム・プラスY」に参加することができます。
 (2)市外の方でも「チーム・プラスY」の趣旨に賛同する方であれば前項の方法で参加することができます。
 (3)参加申込書の記載等から「チーム・プラスY」の趣旨に反することが明らかであると認められる場合には、参加が承認されないこともありあます。

3.活動内容
 チーム員は、「チーム・プラスY」の目的を達成するために、以下の4つの行動目標を参考に、各自が「地産地消」への取組み目標を宣言し、実行します。
 (1)アクションT:日々の食卓にプラス
    YOKOTEのオイシイ食材を積極的に食べよう!
    (宣言例:横手産のトマトを毎日食べます!)
 (2)アクションU:安全・安心をプラス
    YOKOTEのオイシイ食材を作って食べてもらおう!
    (宣言例:農薬を減らし、完熟堆肥を使用した美味しいお米を作ります!)
 (3)アクションV:お客様へプラス
    市内外の皆さんにYOKOTEのオイシイ食材をたくさん食べてもらおう!
    (宣言例:横手産の食材を活用したメニューをお店で提供します!)
 (4)アクションW:日々の話題にプラス
    みんなでYOKOTEの“美味い”を広げよう!
    (宣言例:いろんな場面で横手産食材のPRを頑張ります!)

4.活動期間
 チーム員による「チーム・プラスY」の活動は、3年を目途に見直しを行いながら、適宜、更新を図っていきます。

5.活動報告等
 (1)チーム員は、毎年1月末日までに、前年1月1日(2009年のみ6月1日)から12月31日の活動期間における年間の活動をアンケートによりお知らせ下さい。
 (2)チーム員は、事務局から要望があった場合には、適宜、アンケート調査にご協力下さい。
※チーム員にお願いするアンケートは、本プロジェクトの進捗状況の把握や次年度以降の企画立案への資料収集等を目的としたものです。
なお、優良事例やユニークな取組みには表彰等も予定しております。

6.参加の取りやめ等
 (1)チーム員は、事務局に対し、別記様式第2号の辞退届を提出することにより、いつでも「チーム・プラスY」への参加を取りやめることができます。
 (2)前項の場合においても、事務局はチーム員の過去の参加に伴う活動報告等に関する情報を保有し、「チーム・プラスY」の活動に利用できるものとします。

7.規則の改訂
 本活動規則は、事務局により、事前の通知なく、必要に応じて改訂される場合がありますので、ご承知下さい。

附則
 本活動規則は、平成21年5月19日から施行します。