ホーム >  横手の食文化・加工品 > 横手のいぶりがっこ

 

 

 

●8月下旬から9月中旬に種を捲き、10月下旬から11月に収穫します。
※代表的な品種は、「香漬の助」、「干し理想」となっております。

●大根を収穫後、洗い、編み込み作業をします。このとき約10本の大根を1組にして編み込みます。

●いぶし小屋の中に編んだ大根を吊るしていきます。

●吊るし終えたら火を入れていきます。1度火を入れたら、昼夜を問わず火の管理をし、約5日間は火を絶やさずいぶし続けます。

●いぶし終わった大根を縄から外し、すすなどを落とした後、樽の中に入れ漬け込んでいきます。

 
★いぶりがっこ購入に関するお問い合わせ
~取扱店~
・道の駅さんない「農香庵(のうかあん)」☎0182-56-1600
・あいのの温泉直売所「山菜恵(さなえ)ちゃん」☎0182-53-2710

★その他のお問い合わせ
・横手市山内地域局 山内地域課 ☎0182-53-2934
・横手市農業ブランド創造課 ☎0182-35-2267






↑ PAGE TOP