ホーム > 横手の野菜・果物 > 山内にんじん

 

 

 

秋田の伝統野菜「山内にんじん」は、昭和20年代に北海道の在来品種である「札幌太」から選抜・育成され、横手市山内地域で栽培されています。
鮮やかな赤い色をしており、長さは30cmほどと長くて太いにんじんです。香りがよく、パリッとした食感と強い甘みが特徴です。漬物やサラダのほか、煮崩れしにくいため煮物・鍋物にも適しています。
「山内にんじん」は秋田の伝統野菜に選定されており、また、秋田発ジャパン・ブランド「秋田の逸品」にも認定されています。
また、11月には「山内にんじんフェア」が道の駅さんないで開催され、山内にんじんの販売や、山内にんじんを使った料理の試食会などが行われます。

   

10月〜11月


 






↑ PAGE TOP