横手で採れる野菜と果物

山菜類



タラノメ
特有の香味と油っこさが好まれる。粘るような食感を持つものは特別に「モチタラ」などとも呼ばれる。
4月中旬頃〜5月上旬頃

コゴミ(クサソテツ)
くせのない万人向きの味でアクがなく、そのまま調理できる。野生種は栽培品に比べぬめりが強い。 胞子葉は「ガンソク」と呼ばれ、生け花に用いられる
4月中旬頃〜5月中旬頃

ギョウジャニンニク
昔の山岳信仰の行者が荒行に耐える体力・精力をつけるために食べた事からこの名がついたと言われる。 2番芽が出ない繁殖力の弱い山菜で乱獲が心配される。
4月上旬頃〜5月上旬頃

アザミ
早春の若芽を利用するもの(サワアザミ・ナンブアザミ)とやや成長して茎を利用するものがある。 サクサクした歯ざわりとさわやかな香りがある。ゴボウのような根茎を利用するもの(モリアザミなど) もある。
4月中旬頃〜5月上旬頃

ウルイ(オオバギボウシ)
食用にするのは葉が開く前の筒状に巻いている若芽と茎の部分。アクがなく独特のぬらめきとまろやかな 舌ざわりを持つ。太い茎は茹でるとアスパラガスのような風味がある。
5月上旬頃〜6月上旬頃

コシアブラ
若芽を利用する。脂肪とたんぱく質を豊富に含み、こくのあるまろやかな風味が持ち味である。 葉には弱い緩下作用と血圧下降作用がある。
4月中旬頃〜5月上旬頃

フキ
山野に自生する山ブキを利用するが、鮮緑色で柔らかいものを「水ブキ」と呼んだりする。 ビタミンC・カルシウムは含まれるが栄養的には期待できない。秋田ブキはフキの変種で高さ1〜2メートル に達する。
5月下旬頃〜7月上旬頃

フキノトウ
特有の香りとほろ苦さを持ち、早春を代表する味覚である。クエルセチン・ケンフェロールなどの薬効成分が 含まれ咳やたん、胃のもたれ、胃痛に効能がある。同じ成分は葉柄にも含まれている。
4月上旬頃〜4月中旬頃

ネマガリダケ(チシマザサ)
準高山地帯に分布し群落を形成する。独特の旨味はチロシン、アスパラギン、ベタインなどの成分で ビタミンB1などの栄養素も含む。
5月下旬頃〜6月中旬頃

シドケ(モミジガサ)
独特の強い香りとキド味(苦味・渋味)が好まれ、「山菜の王」と呼ばれる。栄養価も高く、 特に鉄分が多く、貧血の予防に効果があるとも言われる。
4月下旬頃〜5月下旬頃

ワラビ
アクが強いので木灰や重曹を使ってアク抜きをする。含まれる発ガン性物質「プタキロサイド」は大量に 食べない限り問題ない。ビタミンB1を壊す酵素アノイリナーゼを含むが熱に弱いので煮ると心配ない。
5月上旬頃〜7月下旬頃

ホンナ(イヌドウナ)
20〜30cmほどの若芽を食用とする。歯切れのよさとセロリに似た爽やかな香りが好まれる。 茎は中空で折ると「ポン」という音がすることからポンナとも呼ばれる。
4月下旬頃〜5月下旬頃

ヒデコ(シオデ)
茎の長さが4mになるつる性のシオデと高さ1〜2mとなるタチシオデの2種があるが利用法・味は同じ。 美しい姿から「山菜の女王」とも呼ばれる
4月下旬頃〜5月下旬頃

ワサビ
栽培が始まったのは江戸時代で、減殺は静岡県が大産地。葉ワサビを利用する時は、 刻んで塩もみしたものをさっと湯通しし、密閉すると香りと辛みを引き出すことができる。
4月中旬頃〜5月中旬頃

ウド
栽培品の白ウドは淡白な味だが、野生のウドは短毛が密生して赤褐色か紫褐色が濃く、風味・アクが強い。 切り口がすぐに褐変するので酢水にさらす。
5月上旬頃〜5月下旬頃

ミズ
イラクサ科ウワバミソウ属の多年草で、葉の付け根に白い花がつく。秋には節が膨らみムカゴとなる。 主に柔らかく赤みを帯びた茎を食べる。包丁でたたいて粘りを出した「ミズタタキ」は郷土の初夏の味。 ビタミンB1・B2・C、各種ミネラルを多く含む
6月上旬頃〜8月上旬頃


レシピ集
【地産DEレシピ】 わらびのしょうゆ漬け
【地産DEレシピ】 身欠きにしんとわらびのおひたし
【地産DEレシピ】 みずかやき
【地産DEレシピ】 みずたたき
【地産DEレシピ】 みずの漬物
【地産DEレシピ】 みずのソテー
【よこての郷土料理レシピ】 みずかやき
【よこての郷土料理レシピ】 納豆汁
【よこての郷土料理レシピ】 わらびたたき
【よこての郷土料理レシピ】 ウドのこみそ煮
 
 

 
横手市「食と農」からのまちづくりプロジェクト
〒013-0033
秋田県横手市旭川一丁目3-41 (平鹿地域振興局内)
TEL:0182-35-2267 FAX:0182-32-4021